フットサルの動き

フットサルには基本の動き方や、独特の動き方があります。
いろんな動きを入れて相手ディフェンスを崩しゴールを狙いましょう。

<基本的な動きについて>

18

・フィンタ(Finta)

フットサルの中で1番使う動きだと思うので、最初にこの動きだけでも習得しましょう。

フィンタとはポルトガル語で「フェイク」の意味で、
マークを外すために相手を惑わすフェイントになります。
フェイクを入れろ。などとも言います。

フットサルはサッカーほどスペースがないので、ディフェンスに間合いをつめられると、その場でパスが受けられなくなってしまいます。
その時に、一度相手ディフェンスの裏をとるように縦の動きを入れます。
ディフェンスが裏をとられないように後ろに下がったときに、切り替えし、ディフェンスとの間合いを作ります。
この動きをフィンタといいます。

ディフェンスにとって一番嫌なのは、自分の裏のスペースでパスを受けられることです。
ディフェンスがついてこなければ、そのまま裏でパスを受けディフェンスを置き去りにし、ついてきたら、切り替えして間合いを作りましょう。

フットサルではとても重要な動きなので、必ずおぼえましょうね。

※重要ポイント
フィンタはパスの出し手も重要になってきます。
パスが遅すぎると、せっかくできたディフェンスとの間合いがつめられてしまったり、
パスカットされたりしてしまいます。
出し手とのコミュニケーションも大切です!

18

・ウンドイス(Um-Dois)

ポルトガル語でウンは「1」、ドイスは「2」という意味で、
サッカーなどでも使われる「ワン・ツー」のことです。
フットサルでは崩しの基本になるので習得しましょう。

ディフェンスがタイトにプレスをかけてきた場合など、裏にスペースができた時にワン・ツーを狙っていきましょう。

※重要ポイント
裏へ抜けようとしているアラへのパスは、ダイレクトパスを使いましょう。
ワン・ツーでパスをもらってから出すまでに時間をかけてしまうと、その間にディフェンスにポジション修正されてしまう可能性があります。
フリーになった味方にはダイレクト、もしくはツータッチでタイミングよくパスを出しましょう。
パスの強弱でもつながるかどうかが決まるので意識しましょう。

18

・パラレラ(Paralela)

パラレラとはポルトガル語で、「平行」という意味で、サイドラインと平行に出すパスと、それに走り込む動きのことを指します。
よく「パラ」と略されて使われることがあります。

ディフェンスの基本的なポジショニングは、自分たちにとって最も危険な「シュート」や「ゴール前へのパス」を防ぐために、ボールとゴールを結ぶ延長線上にポジショニングをします。
そのため、アラの選手がサイドでボールを持ったとき、相手のディフェンスは中へのパスやシュートコースを切るので、サイドラインと平行に出す「パラレル」パスが有効になります。

※重要ポイント
■パスの出し手
パスの出し手は縦パスを出す時の体の向きに注意をしましょう。
ディフェンスに縦パスを出すことをバレないように、体の向きを中央に向けたままパスを出せるとカットされにくくなります。
このパラレラパスはループパスを使うと、ディフェンスが出した足に引っかかりにくく、走り込んだ受け手もシュートを打ち易いのでオススメです。

■パスの受け手
パスの受け手はランニングの通路に注意しましょう。
サイドのスペースに中央の選手が「直線的」に走り込むと、シュートもしくはセンタリングをする際に体制がつらく、体をひねってボールを蹴らなければならなくなります。
そこで、アーチを描くように「曲線的」に回り込むことによって、体制がしっかり保て、中央にボールを蹴り易くなります。

18

・ジャグナウ(Diagonal)

ジャグナウとはポルトガで、「斜め」という意味です。
斜めの走り込みと、そこに出すパスのことを指します。
中央の選手がボールを保持しているアラと同サイドに抜けてパスを受けるパラレラの逆の動きがジャグナウです。

例えば、ボール保持者と同サイドに味方ピヴォがいて、パラレラをするとポジションが重なってしまう場合などは、このジャグナウを使いましょう。
また、ジャグナウをしてパスが受けられなかったとしても、ボール回しをスムーズに行うために必要な動きだということを理解しておきましょう。

※重要ポイント
受け手の注意点として、斜めに抜けるときの体の向きを意識しましょう。
パスの出し手を確認しながら、出し手の方向に体をやや開くことによって、パスをトラップしやすくなります。パスの出し手を確認できていなかったり、正面だけを向いて抜けるのはNGです。
常に出し手を意識して動きましょうね。

18

・セグンドパウ(Segundo Pau)

セグンドパウとはポルトガル語で「2つ目のポスト」という意味です。
ファーポストのことを指しています。 サイドからシュートする人がファーポストを狙うことで、セカンドチャンスを作り出す狙いがあります。
「ファー詰め」とも言われますね。

味方がシュート、またはセンタリングする際、セグンドパウにが詰めることによって、シュートアングルが広がり、ゴールキーパーにとって守りにくい状況になります。
フットサルにはオフサイドがないので、とても得点に絡みやすい動きになります。

※重要ポイント
■セグンドパウに入るタイミング
ゴレイロにパスをとられないように出し手はシュート性の早いパスを出す必要があります。シュートパスとも言われます。
その為、ファーポストに詰めるのが少しでも遅れると合わせることができません。
常にファーに詰める意識を持ちましょう。
反対に、ファーポストに早く入りすぎるとディフェンスラインを下げてしまい、成功しにくくなります。タイミングを意識して動き出しを開始しましょう。

18

・ブロッケイオ(Bloqueio)

ブロッケイオとは、ポルトガル語で「ブロック」という意味のす。

ブロッケイオの動きは相手マーカーをブロックし、味方をサポートするプレーになります。

サイドでボールを持つ味方が中へドリブルするときや、プレスを掛けられているときに使うと効果的です。
この動きを習得すると、味方のパス回しがとてもスムーズにでき、プレス回避ができるようになるので、頑張って習得しましょう。

※重要ポイント
ブロッケイオは、ディフェンスの進路を断つプレーです。
そのため、ディフェンスとの接触が起こりやすく、正確に行わないとファウルになる恐れがあるので注意しましょう。下記がよく起こりやすいファウルになるので注意しましょう。

 1.壁を作るのが遅れてディフェンスの進路を無理矢理、妨害する。
 2.ディフェンスを手で押さえたり、引っ張ったりする。

18