ポジションについて

フットサルのポジションとその役割

フットサルのポジションは、大きく分けて4つです。
後ろから、ゴレイロ、フィクソ、アラ、ピヴォに分けれます。(すべてポルトガル語です。)

ゴレイロ以外のフィールドプレーヤーをFPと表現する場合もあります。

ポジション

ゴレイロ:ポルトガル語で「ゴールキーパー」の意味。
フィクソ:ポルトガル語で「舵取り」の意味。
アラ:ポルトガル語で「サイド」の意味。
ピヴォ:ポルトガル語で「軸、中心」の意味。

サッカーで言うと、フィクソがDF、アラがMF、ピヴォがFWのような役割になります。。
各ポジションにはそれぞれ求められる役割があります。

pojikugiri

GOLEIRO ゴレイロ

唯一、手を使えるポジションです。チームの最後の砦として君臨する為、守護神とも呼ばれます。
至近距離からのシュートが多いためボールを恐れない勇敢さが必須です。的確な飛び出しで身をもってシュートを防ぐ。この飛び出しが上手いゴレイロはピンチを未然に防ぐことができます。
また攻撃へと切り替わるときの起点ともなり、
「フットサルは50%がゴレイロで決まる。」と言われたりするくらいな最重要ポジションです。

求められる能力:正確なスロー、コーチング能力、的確な飛び出し、セービング、勇気と信頼。

pojikugiri

FIXO フィクソ

チームの舵取りのポジション。攻守にわたってゲームをコントロールする重要なポジションです。
最後尾に位置し相手の攻撃を防ぎます。またフィールドプレーヤーでは、最も視野が確保できるためゲームの司令塔としてパスの配給、声を出してのコーチング能力が必要とされます。
最もボールを奪われてないけないポジションでもあり、高いキープ力が求められ、
フットサルの理解度も要求されるポジションです。

求められる能力:的確な先読み、コーチング能力、ゲームメイク力、キープ力、信頼。

pojikugiri

ALA アラ

(左アラ、右アラ)
体力と、攻守の切り替えなどが必要とされるポジション。攻撃・守備の両方においてバランスをとり、あがったり下がったりを繰り返す。またボールを運ぶ役割もあり、チームの流れを作る。
さらに得点能力が必要とされチャンスにはゴール前にはいったり、遠目からのシュートを放ったりとオールランドに活躍することが求められる。
チームのドリブラーなどがこのポジションに入り仕掛けを作ることが多いです。

求められる能力:攻守の切り替え、スタミナ、スピード、シュート精度、ドリブル制度。

pojikugiri

PIVO ピヴォ

攻撃における最前列に位置する点取りポジション。主に相手ディフェンスを背負ってプレーすることが多く、当たりに負けないフィジカルとキープ力を必要とする。味方のパスをもらい相手を背負って攻撃の起点となり、タメを作るポストプレーヤー。また反転してのシュートや、こぼれ球を押し込むすきのなさ、フィクソやアラからのパスを確実にしとめるゴールゲッターとしての能力が求められる。
フットサルに重要なファー詰めなどをすることが多い。

求められる能力:ボールキープ力、ポストプレー、足裏でのトラップ、得点能力

pojikugiri

PONYO ポニョ

決して魚の子ではありません。私も調べて初めてきいたポジションでした。
フットサルクラブ FC ROMANでのみ採用しているポジションらしく、あまり普通のチームでは見られない役割ですね。
限られた人間にのみ与えられた特権であるポニョは、常にゴール前でひたすらボールを待ち、ゴールすることのみを求められます。
それ以外にディフェンスなど、なにもしなくてよい。このポジションを採用するゲームでは、一人少ない状況とほぼ同じになるため、ポニョをする人はテクニックや得点能力でははかれないカリスマ性が最も必要とされる。

求められる能力:カリスマ性

pojikugiri

自分のやってみたいと思うポジションはみつかりましたか?
技術や性格などにもよりますが、自分のやりたいポジションの役割を習得し、
好きなポジションでプレーできるといいですね。

また、自分の好きなポジションとまわりからみた適応しているポジションは違ったりもします。
客観的にみることができる、まわりからの意見を聞いて参考にしてみるのもいいと思います。